スケルトンリフォーム・リノベーションとは・・・

query_builder 2021/12/03
ブログ
53_高村団地32号棟504号室(スケルトン)

こんにちは。

リノベーションのリノベスト、くらたです。

あっという間に12月ですね。この時期は、暗くなるのが早いので一日が短く感じます・・・


さて、本日は神奈川県平塚市の高村団地のフルリノベーションでも行った「スケルトンリフォーム」についてのお話です(^^♪



リノベーションにおける「スケルトン」とは、建物の骨組みとなる構造体そのものになった状態のことです。

冒頭の写真のように、むき出しのコンクリートに囲まれた状態です。


スケルトンから行うリフォームにはいいところがたくさんあります。

まずは計画プランの自由度です。既存を生かしながらのリノベーションに比べて、プランの自由度が高まることが特徴です。


大幅な間取り変更やキッチン、バスルームなど水回りの位置移動を考えているならば、スケルトンからリフォームすることで、自由に設計プランを立てることができます。


さらに何といっても!スケルトンリフォームは、構造補強のチャンスです!

目視で躯体の腐食やひび割れを確認し、必要があれば補強工事をすることも出来ます。

一般的なリフォームでは見えない配線や配管などの部分も見直すことで、これからも安心して長く暮らせる住まいとなります。





高村団地のスケルトンリフォーム解体後の様子です。 トイレの位置を変えずに、他は撤去致しました。



その後、このように新しく骨組みや配管を設置致しました。

(話が逸れそうなので、また詳しく紹介させてください・・・(・.・;)n





スケルトンだと全てを撤去、解体するので、費用が高くついてしまうのではないか?と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、一概にそうとは限りません。

設備の移設・交換には多くの場合、床・壁の一部解体がともないますので、キッチンだけ、間取り変更だけ、とバラバラに部分リフォームするよりも、一括でスケルトンリフォームにされた方が、余分なコストをかけずに済む場合もございます。

そして、注意が必要なのが工事の規模が大きい性質上、工期が長くなってしまう点です。

最小限の解体が広範囲になる場合など、スケルトンにしてしまった方がかえって工事がスムーズなこともございます。


また、「スケルトンリフォームだから何でもできる」というわけではございません・・・

例えばマンションや団地の場合、壁式構造(壁そのもので建物を支える構造のこと)で重要な構造のため動かせない壁があったり、床下にある上下水道の配管の環境によっては、水回り設備の配置が制限されることがありますので、事前の確認が非常に重要になってきます!


ですが、お家の大事な一部として楽しんでリノベーションができますように、ご提案させていただきます✨


リノベストでは、物件探しと工事をワンストップで行っております。

ぜひ物件探しからご一緒に楽しんでいただければと思います♪

NEW

  • 新年あけましておめでとうございます。

    query_builder 2022/01/04
  • お正月のお休みをいただきますm(_ _)m

    query_builder 2021/12/28
  • 鎌倉市にある古民家を再生します!!第八弾

    query_builder 2022/01/12
  • 【平塚市】団地の内装を解体しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 【リフォーム】内窓の効果!【ヒント】

    query_builder 2021/12/15

CATEGORY

ARCHIVE