Q&A

子育て世代から高齢者まで平塚でリノベーションを助言

質問・回答

QUESTION&ANSWER

専任スタッフが物件探やリフォーム・リノベーションの疑問にお答えします

お客様の理想のリノベーションを提供する会社として、様々な疑問にお答えいたします。よくある質問と回答を掲載しておりますので、疑問点がある場合は参考にご覧くださいませ。また、読んでも解決しない場合や掲載されていない疑問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

太陽アイコン
船アイコン

Q小さなリフォームでもお願いできる?

お家に関することでしたら、小さなリフォームも承ります。
お客様との信頼関係から始まりますのでどんな事でもまずはご相談ください。

Qリフォームの工事は何日くらいかかる?

ユニットバス交換 2 日~6日
システムキッチン交換 1日~2日
トイレ交換 1日~2日
洗面化粧台高価 半日~1日


工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって異なります。
空間丸ごと(位置を変える等)ですと日数も多くかかり、全面改修の場合は規模にもよりますが、1ヶ月くらいかかる場合もあります。
分譲マンションの場合は戸建住宅と違い、管理組合で管理規約(各マンションの管理組合により異なる場合もあります)を定めている為、

事前にリフォーム工事許可申請書などの提出をする他、工事時間や仕様の指定などがある為上記内容よりも日数がかかる場合がございます。

Q住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできる?

家屋の構造によってはできないリフォームがあります。以下の代表的な構造です。


「在来工法(最も多い一般的な木造住宅)」
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由なプランができます。
ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強等も必要なので検討が必要です。


「2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)」
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限があります。


「プレハブ工法(メーカー系住宅など)」
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設ける他、壁を取り除くなどには制限があります。


「鉄骨造」
在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除くなどには制限があります。


「鉄筋コンクリート住宅」
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。
ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

Qキッチンの設置場所は自由に場所を変えられる?

戸建ての住宅であれば、キッチンの移動はかなり自由に行うことができます。

しかし、マンションの場合は今のキッチンから、新しく設置する場所までの距離が長いと移動が難しいケースがあります。

これは、排水勾配が取れなくなってしまうためです。

他にも排気ダクトの延長が可能か、移動先に新しいキッチンを置くための十分なスペースがあるかも重要なポイントです。

希望する場所に移動が可能かどうかは、お気軽にご相談下さい。

Q水まわり機器などの替え時っていつなの?

キッチンやバス、洗面化粧台、便器などの修理や交換時期の目安は、設置後およそ 10 年~20 年の間。

しかし製品の耐久性ばかりでなく、使い勝手の不満も交換のきっかけになります。

設備機器は年々いろんな面で進歩していますので、製品を変えることで、暮らしそのものをより便利に快適にしてくれます。

暮らしを変えたいな、と思ったときが設備の替え時ともいえるでしょう。


メンテナンス期間の目安
キッチン・バス・洗面化粧台・便器 10~20 年で取り替え検討
ガス給湯機 10~15 年で取り替え検討
給排水管 5~10 年ごとに補修・洗浄
フローリング 15~20 年で貼り替え検討
ビニールクロス 10 年目で貼り替え検討
屋根材(化粧ストレート) 7~10 年目ぐらいで塗り替え検討、15~20 年でふき替え検討
外壁塗装(モルタル下地吹きつけ) 5~7 年で補修・塗り替え検討
外壁塗装(サイディング) 5~7 年で補修、10~15 年で塗り替え検討

Qマンションでも水まわりの位置を変えられる?

排水勾配に関係するので一度調査してからになります。
マンションではは排水勾配、床構造の関係により給排水管、配水管の移動に制約があります。

Q住みながらでも工事はできる?

一戸建てでもマンションでも住みながら工事は可能です。
大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や 1、2 階に分けて工事したりできます。
ただし、水廻り等の工事では、状況に応じて数日間お湯やキッチン・お風呂などが利用できないことで不便な面はでてきますので、考慮して頂く必要はあります。

Qマンションはどこまでリフォームができる?

リフォームできるのは専有部分だけです。
マンションは専有部分と共用部分に分かれます。このうちリフォームできるのは専有部分だけです。

専有部分とは、玄関ドアの内側からベランダの手前のサッシの内側まで。
専有部分かと思いがちな玄関ドアやサッシを勝手に交換することはできません。

もちろんコンクリート躯体はいじれませんが、専有部の給排水管や電線はリフォームできます。
また、壁式構造の場合、間仕切り壁が構造上、取り外せないこともありますが、一般のRC(鉄筋コンクリート)造なら、間仕切りの撤去・移動は自由です。

Q築30年を超えているけど、リフォームで大丈夫?

適切な耐震補強をすれば強い家に生まれ変わります。
まず耐震診断をしてもらいましょう。その上で適切な補強を行います。

診断結果によって補強箇所は異なりますが、補強ポイントは基礎部分と筋交いの追加です。

場合によっては傷んだ柱や梁の交換も必要になるでしょう。

耐震補強の実績が豊富なリフォーム会社に診断から依頼することができます。

自治体によっては費用を補助して診断員を派遣してくれるケースもあります。
適切な補強が行われれば、古い家でも安心して住めるようになります。
それでも費用的には建て替えより予算を抑えられるケースが多いでしょう。

Qイメージを上手く伝えるにはどうすればいい?

インターネットや SNS、HP 施工事例などからお客様のイメージに合う写真をスマートフォンに保存しておきましょう。
そうすることで自分の好みのイメージも確認できますし、担当者に視覚的に伝えることができます。

Qうまく希望を伝えられるか心配・・・

担当者が親身になって希望を聞く、こちらから提案する、といったお話をしていきますので心配いりません。
漠然としたイメージしかないという場合でも全く問題はありません。

専任スタッフが趣味の話やご家族の話し、生活スタイルなどを聞かせて頂きながらマイホームの方向性を決めていきましょう。
また、会話の中から思わぬアイデアが飛び出してくるかもしれません。

Qプランを作ってもらうにはお金がかかる?

リノベストではプランの作成にはお金は一切かかりません。契約前であれば、何回修正をしても変わりません。

お客様のご納得いくまでしっかりとお付き合いをさせていただきます。

Qリフォームにかかる費用を聞くにはどうすればいい?

希望を聞いて見積りをいたします。
電話などで大まかな希望を伺い、費用をお伝えする事も可能ですが、リフォームは工事内容によって費用が変わります。

まず「このようなリフォームをしたい」という意向を聞かせていただいた上で、プランと見積りを提案します。

そこで初めて、かかる費用が明確にわかります。

Q決まった予算の中でどんなリフォームができる?

例えば….


50万円  基本的には住宅設備機器の交換+壁、床の張替又は設備のみの交換が可能

(トイレ交換・洗面台交換・壁クロス張替・床張替・畳交換など)


100万円  部分リフォームが可能(選ぶ内容により変動します。)

(キッチン+キャビネット+壁クロス貼替+床貼替リフォームなど)


200万円~  水まわりフルリフォーム+αが可能(選ぶ内容により変動します。)

(水まわりフルリフォーム+αが可能(選ぶ内容により変動します。))


500万円~  フルリノベーションが可能(選ぶ内容により変動します。)

(間取り変更、水まわり、LDK、廊下等の全てをリフォーム)

Q工事費はいつ払うの?

小規模リフォームなら工事後に、大規模リフォームの場合は、契約時工事の中間時工事完了後などの 3 回に分けて支払うことが多いです。

契約時に契約内容をきちんと取り決めて、契約書に記載させて頂きます。

Qリフォームはローンも使える?

住宅ローンやリフォームローンを使うことができます。ただし実際に利用できるかどうかは、金融機関による返済能力審査で決まります。

とくに現在住宅ローンを返済中の場合は、さらにリフォームのための借り入れもできるかどうかをその金融機関に相談してみましょう。

Q[パック価格制リフォーム]ってどういうもの?

あらかじめ仕様と基準価格を決めているものです。
パック価格制の場合はあらかじめ材料や工事内容など仕様を決めて、基準となる価格を出しています。

しかし材料を変えたり、工事内容の変更をすると、費用は変動します。

したがってパック価格制といえども見積りをもらわない限り、正確な費用は出ないと思っていただいたほうがいいでしょう。

とはいえ、ある程度価格の目安があることで、資金計画の参考になります。


パック価格制

坪単価 15 万円(標準仕様の場合の基準価格)×リフォーム面積 30 坪=合計金額 450 万円

注:仕様(材料や施工方法)変更の場合=価格変動

Q契約したらもうキャンセルできない?

お客様都合のキャンセルは実費を請求する場合もあります。
契約前にしっかり考えて、疑問点などを全て解決してから先に進みましょう。

施主の自己都合による一方的な場合、設備や建材をすでに発注していてキャンセルできない場合には、代金の請求をする場合がありますので、契約は慎重に行いましょう。

Qリフォームにも保証がある?

リフォームの保証はあります。保証期間内なら無料で直します。

期間は、構造部分や雨漏りに関する部分などは 5 年や 10 年など長期になることが多く、設備や建具、内装などは 1、2 年に限定されていることが多いようです。

契約前にも保証内容はご説明いたしますが、工事完了時に対象の保証内容をまとめたものをお渡しします。

Qアフターケアはある?

アフターケアはあります。今後家族構成の変化、年齢の変化など生活環境も大きく変わりますので、1年に1回程度は確認にお伺いいたします。

その際に気になることがございましたら何なりとお申し付けください。
リノベストはお客様のハウスドクターの存在となれるよう努めてまいります。

物件探し、購入、リノベーション、アフターフォローまでを一貫して引き受けています。理想のエリア、理想のロケーションで中古マンションや中古戸建ての物件を探して紹介し、販売いたします。また、ご購入いただいた物件をリフォームしてお渡しいたしますので、「子どもや高齢者がいるので安心・安全に暮らせる家が理想」などのご要望に応じ、間取り変更、キッチン、リビング、寝室など自由度の高い内装を提案し、デザインすることができます。

物件探しをお手伝いする不動産屋の役割から、実際に施工を担う工事会社の役割まで、平塚で一括したリノベーションを承ります。いわゆるワンストップサービスを導入しておりますので、お客様が安心してご依頼いただける環境を整えています。大手メーカーなどではそれぞれの段階や工程において別々の会社に依頼することが多いですが、物件探しの段階からお引き渡しまで全て当社リノベストが一貫しております。