SUBSIDY

補助金制度

さらに
知っとこ!!
公的優遇制度とは
住まいのリフォームには様々な公的優遇制度があり、お金やポイントがもらえる補助金タイプの優遇制度や様々な減税制度が用意されています。
この制度は、住まいの仕様や性能、お客様の条件によって異なりますが、上手に組み合わせることによりお得なリフォームを実現できる可能性もございます。

例えば・・・

  • 既存住宅購入
  • リフォーム
既存住宅を売買契約した後、3カ月以内に請負契約を結び、フルリノベーションをします。
※グリーン住宅ポイント制度における、子育て世帯が既存住宅購入+リフォームの要件を満たす場合での試算
【減税】
住宅ローン減税(一般)
借入金年末残高の1%を所得税、住民税から10年間控除に加え、控除対象期間を3年間延長し「借入年末残高の1%」または「見物購入価格の 2/3%」にいずれか少ない方を所得税、住民税から控除できます。
13年間で戻ってくる税金の総額・・・176.7万円
※一般住宅の場合、控除対象の借入金年末残高及び建物購入価格は上限4000万円
※所得制限(合計所得1000万円以下)を設けた上で床面積要件を40㎡以上に緩和
【補助】
グリーン住宅ポイント制度
若者・子育て世帯が既存住宅を購入しリフォームを行う場合、最大60万ポイントを取得できます。(要件を満たす場合)
取得ポイント(1ポイント=1円相当)・・・60万円
【給付金】
住まい給付金
収入区分や持分割合に応じて給付されます。
もらえる給付金・・・50万円
【ローン】
“フラット35”リノベ(金利Bプラン)
5年間金利が0.5%優遇されます。
通常の“フラット35”と比べた総額返済額の差額・・・50万円
お得金額:約337.7万円
※お得金額はリフォーム条件、住まいの仕様や性能により異なります。
お風呂アイコン